【最新】3ヶ月のフィリピン留学費用はどのくらい?留学効果を高めるコツや節約方法を解説!

philippines-ryugaku-three-months-cost

昨今では、英語力を効果的に向上させるためにフィリピン留学を検討する方も多いですが、円安の影響もあって留学にかかる費用は高騰化しつつあります。

結論から言うと、円安などの影響で留学費用の高騰化は今後さらに進んでいくことが予想されるため、留学を検討している方はこれ以上値上がりする前に留学されることをおすすめします!

本記事では、2024年最新のフィリピン留学の費用目安、およびフィリピン留学の費用を抑える節約のポイントや、短期間でも英語力を効果的に伸ばす方法について、フィリピン留学のプロが詳しく解説します。

この記事ではこんな疑問を解決!
  • 「3ヶ月のフィリピン留学ってどれくらいお金がかかるの?」
  • 「短期間の留学でも最大限の効果が得られるコツを知りたい!」
  • 「あまりお金をかけずにフィリピン留学するにはどうしたら良いの?」

というように、3ヶ月間のフィリピン留学を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください!

プロフィール背景画像
プロフィール画像

この記事を書いた人
加来 涼太 | Palett代表

「英語コーチング×フィリピン留学」を組み合わせた、学習成果保証付きサービス”Palett(パレット)の代表。

あなただけの”ABC”でいい〜 をモットーに、一人一人に合った留学プランの提供と、確実な英語力の向上を通じて、”たったひとり”の留学希望者の人生を良い方向へと変えられるように、日々奮闘中です!

2014年よりフィリピン留学の代理店を運営、フィリピン滞在歴は5年以上、現地80校以上の学校視察経験あり。自身でも計4校の語学留学経験があるだけでなく、計2校での勤務経験をもとに、本当に役立つフィリピン留学の情報をお届けしています。

経歴:高校在学中にした2か月間のフィリピン留学でTOEIC905点を取得大学在学中にはフィリピンの名門大学デラサールに交換留学をする。その後、フィリピン留学専門の代理店を立ち上げ、約4年間運営。留学の相談実績は累計数百名に及ぶ。現在はPalettの代表兼留学カウンセラーを務める。

業界史上初!”成果保証型”の英語留学サービス「Palett」

【2024最新】3ヶ月のフィリピン留学の費用目安は?

philippines-ryugaku-three-months-cost-image

フィリピンでの3ヶ月間の留学費用は、選ぶ学校やコース、生活スタイルによって大きく異なりますが、一般的には60万円〜100万円程度が目安です。

コロナ前の2019年頃までは月15万円以下の授業料でフィリピン留学できる語学学校も多く存在しましたが、今では1ヶ月の授業料が20万円でも安いという相場になっています。

リョウタ
(当時高校3年)
リョウタ (当時高校3年)

2014年に初めて自分がフィリピン留学した時、2ヶ月間の授業料は合計で25万円程度だったんですけどね…!


授業料(滞在費と食費込み)以外に、フィリピン留学で考慮しなくてはならない諸費用(3ヶ月分)は、以下の通りです。

フィリピン留学では、授業料に「滞在費と食費」が含まれていることが一般的です。

授業料以外にかかる項目3ヶ月間の費用
入学金約150ドル
寮デポジット約50ドル
光熱費約60ドル
教材費約50ドル
SSP(特別就学許可証)申請費6500ペソ
ビザ延長費(※30日以上の留学の場合)約5500ペソ
管理費用約5500ペソ
ACR-Iカード費3000ペソ
航空券代約6万円
お小遣い(外食・観光費など)約6万円
海外旅行保険料無料(※クレカ付帯の保険利用時)
合計(※1ドル150円、1ペソ2.7円で換算)22万1850円

留学費用には大きな幅があり、学校が提供するプログラムの内容や、1日の授業コマ数、宿泊する部屋の種類(一人部屋、共同部屋など)などによって変動します。

【期間別】フィリピン留学の費用

フィリピン留学は、当然ながら渡航期間に応じて費用が大きく変動します。

以下は、一般的なフィリピン留学のプログラム期間ごとの目安費用です。

期間費用
1週間約10万円〜20万円
1ヶ月約20万円〜40万円
2ヶ月約40万円〜80万円
3ヶ月約60万円〜100万円
6ヶ月約120万円〜200万円

プログラムによっても異なりますが、1ヶ月追加するごとに最低でも約20万円程度かかると考えると良いでしょう。

為替レートの変動も留学の費用に影響を与えるため、留学前には予算を考慮してプログラムの選択などを行うのが重要です。

【経験者は語る】留学費用は高騰している

リョウタ
リョウタ

2014年〜2019年にかけて4校にフィリピン語学留学を経験した筆者ですが、残念ながら間違いなく留学費用は高騰し続けています…!

フィリピン留学した際にかかった授業料の推移は、以下のとおりです↓

期間費用(1ヶ月目安)
201412.5万円
201614万円
201715万円
201916万円

ざっくりと1年毎に1ヶ月の授業料が1万円ほど値上がりしているイメージですね。

そう考えると、2024年現在の1ヶ月あたりの授業料が安くても月20万円というのは、ごく自然なことかも知れません。

しかしなぜ、日本よりも物価が安いフィリピンでの留学費用が高騰し続けているのでしょうか?

それにはいくつかの理由が考えられます。

留学費用が高騰している理由
  • フィリピンの経済成長に伴い現地の物価が上昇している
  • 現地物価の上昇に伴い語学学校の維持費が高騰している
  • フィリピン留学の市場全体が成長し需要が高まっている
  • 円安の影響により為替レート換算時に授業料が高くなる

筆者は経済の専門家ではありませんが、これまでの傾向や現在の日本の経済状況などを客観的にふまえて、今後も留学費用が値上がりしていくことは簡単に想像がつきます。

きっと、留学を検討している皆さんもそう思われている方が多いはずです。

そして、ここで筆者が最も伝えたいのは、「今この瞬間がフィリピン留学をする最安値」だということ。世界は日々めまぐるしく急激に変化しています。たとえ私たちが日本で平凡な日々を送っていたとしても。

この”たった今”という瞬間は、私たちが”最も若いとき”でもあります。それと同時に、今このページを読んでいただいてるこの瞬間こそが、フィリピン留学をする最安値だったりします。

「フィリピン留学はしたいけど今の費用が高くてどうしようかな…」と悩んでいる方へ、過去を変えることはできませんが、将来の自分のために後悔のない選択をすることはできます!

3ヶ月の留学費用が実質2ヶ月分になる?”成果保証型”の英語留学サービス「Palett」

短期間でもフィリピン留学が効果的な3つの理由

留学というと1年以上の長期間を想像されるかもしれませんが、フィリピン留学は3ヶ月前後の短い期間でも十分に効果を得ることができます。

ここでは、短期間でもフィリピン留学が効果的な理由を3つ解説します。

①常に英語に触れられる

②費用対効果が高い

③集中的なプログラムで効率的に英語力を伸ばせる

1. 常に英語に触れられる

国内で英語学習を行うのとフィリピン留学をするのとで最も大きく異なるのが、常に英語に触れられるという点です。

授業や学校内はもちろんのこと、ショッピングやレストランでの注文、地元の人との日常会話など、日々の生活の中で自然と英語を使うシチュエーションに置かれます。

とにかく大量に英語に触れることができるので、英語を母国語としない人々にとって、英語力を短期間で大きく向上させるのにうってつけです。

2. 費用対効果が高い

フィリピン留学は、授業料、宿泊費、生活費が低コストでありながら、質の高い英語教育を受けられるため、他の英語圏の国と比較しても非常に費用対効果が高いと言われています。

例えば、アメリカに3ヶ月留学するとなると、一般的に120万円〜200万円程度かかります。

その半分ほどの価格で、効率的に英語力を伸ばすことができるので、コストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

また、2023年のEF EPI英語能力指数(EF English Proficiency Index)によると、フィリピン人の英語力は世界ランキングでは20位、アジア圏では第2位です。 

そのため、欧米諸国と比較しても、現地の方の英語力は遜色ないのでご安心ください。

参照:世界最大の英語能力指数 ランキング

3. 集中的なプログラムで効率的に英語力を伸ばせる

フィリピンの英語学校は、集中的なプログラムを提供しており、留学生は短期間で英語力を効率的に伸ばすことができます。

一般的なプログラムでは、1日6~8コマ程度の授業があり、そのうち約半分がマンツーマンでのレッスンとなります。

グループクラスに関しても小人数制で行われることが多く、一人一人の学生のニーズやレベルに合わせた指導が可能です。

また、マンツーマンでのレッスンを取り入れることによって、個々の弱点を集中的に改善することができます。

フィリピンの語学学校の授業時間は、自習も含めると1日8〜10時間ほどです。夜間に授業が行われる学校もあります。

1日の大半を英語学習に費やすため、短期間であっても集中的に英語力アップが期待できるのが、最大の特徴とも言えます。

関連記事:フィリピン留学3ヶ月の実際の効果は?経験者2人に聞いてみた!

3ヶ月のフィリピン留学の効果を高めるコツ

tips-to-improve-effect-of-three-months-philippines-ryugaku

フィリピンでの3ヶ月間の留学の効果を最大限に引き出すためには、事前の準備と留学中の学習スタンス、そして帰国後の学習が非常に重要です。

ここでは、3ヶ月のフィリピン留学の効果を高めるために、留学前・留学中・留学後に意識すべきことを解説します。

英語コーチングを受けてから留学に行く

学内外で積極的にコミュニケーションを取る

なるべく日本語を使用しない

日本に帰ってきてからも学習を継続する

【留学前】英語コーチングを受けてから留学に行く

同じ学校で同レベル、全く同じ時期に留学をスタートしても、最終的な英語力に差が出てしまうことがあります。

このような差が生まれる背景として、事前学習の有無や学習効率が関わることが多いです。

トビタテ留学生
トビタテ留学生

実際、ベタだけれど英語をしっかり勉強すればよかった。

日常会話はなんとかなりますが、研究の方針など難しい話をするとき相手は何言ってるかわからないし

こちらは伝えたいことをちゃんと伝えられないしでとても悔しい思いをします。

引用:留学前にやっておけばよかった!と激しく後悔したことはある? | 留学ぶっちゃけQ&A トビタQ | トビタテ!留学JAPAN | 文部科学省

というように「留学前にもっと英語学習をしておけば良かった」と後悔している人も少なくありません。

そこで、留学前の学習として英語コーチングを受けることは、フィリピン留学での学習効果を飛躍的に高めることができるので大変おすすめです。

留学前に英語コーチングを受けるメリット

英語コーチングでは、専属のコンサルタントが個人の弱点や学習ニーズに合わせて学習プログラムを計画します。

コンサルタントが英語学習に伴走するため、英語力を効果的に向上させられるだけでなく、効率的な学習方法も身に付きます。

つまり、コーチングを通じて自身の学習スタイルや弱点を理解し、学習の進め方を覚えた上でフィリピン留学に行くことで、現地での学習効率をより高められるということです。

特に英語学習をあまり行ってこなかった方や独学での学習に自信がない方ほど、プロから正しい学習方法を教えてもらった上で学習を進めるのが良いでしょう。

「これまで独学で学習を頑張ってきたけど、なかなか思うように英語力が伸びなかった」という方は、個人の能力や努力だけの問題では決してなく、効率的で効果的な学習方法を実践しているかの違いです。

留学前から自分自身にあった学習目標をしっかり立て、最適な学習方法を身につけていれば、留学のスタート時から無駄なく英語学習を進めることが可能です。

また、英語コーチングを活用することで、留学費用を抑えられる可能性があります。

例えば、留学前に1ヶ月の英語コーチングと、オンライン英会話を受けることによって、留学期間を1ヶ月間削減してコストカットできるだけではなく、日本で万全な留学準備ができます。

3ヶ月のフィリピン留学で確実に英語力を身につけたいなら

“学習成果保証付”サービス「Palett」

palett_OGP

Palett(パレット)は、これまで英語学習に挫折してきた方や英語を身につけたいのに一歩踏み出せないという方に向けた、フィリピン留学×英語コーチングの”成果保証付サービス”です。

TOEIC200点、VERSANT6点などのスコアアップを保証しており、達成されなかった場合には英語コーチングを1か月無料延長します。

そのため、英語に自信がない方でも安心して学習に取り組んでいただけます。

Palettでは、日本人の英語コンサルタント・留学カウンセラーが親身にサポートし、学習者のニーズ、学習スタイル、目標に合わせて留学先や学習方法を選定し、目標達成まで伴走します。

英語コーチングは希望に応じて留学前後と留学中、いつでも利用できるので、留学の効果を最大限まで引き出すことができます。

フィリピン留学はマンツーマンレッスンを中心に1日最大8コマ受講できるので短期間に集中して英語力を向上させることが可能です。

ご利用前に無料カウンセリングを実施しているので、まずは英語学習へのお悩みや留学に対する不安をぜひご相談ください。

“成果保証型”の英語留学サービス「Palett」で無料カウンセリングを受ける

【留学中】学内外で積極的にコミュニケーションを取る

フィリピン留学中は、授業中や学校にいる間だけでなく、学校外でも積極的にコミュニケーションを取るように意識しましょう。

現地の人々や他国からの留学生との交流を通じて、自然な会話の中で英語を実践的に練習できます。

このようにして異文化の中でコミュニケーションを取ることで、英語力の向上に効果があるのはもちろん、英語を使う際の自信も自然と身につきます。

さらに、現地で友人を作ることで、英語学習のモチベーションとなり、より充実した留学生活を送ることができるでしょう。

「旅の恥はかき捨て」という言葉がありますが、普段は日本で英語を話すのが照れ臭いという方ほど、異国の地であるフィリピンでは英語をたくさん話して抵抗をなくすのが大切です。

【留学中】なるべく日本語を使用しない

留学中はなるべく日本語の使用を避け、英語のみでコミュニケーションを行うよう心掛けることで、学習効果が大きく向上します。

日本人留学生同士で集まることが多くなると、つい日本語に頼ってしまうことがあるため、可能な限り異なる国籍の友人を作るのが良いでしょう。

または、日本人同士でも英語を話すルールを作るなど、極力日本語を使用しないことが非常に重要です。

フィリピンにいる間は、少しでも多く英語を話せるように意識してみてください。

【留学後】日本に帰ってきてからも学習を継続する

フィリピン留学から帰った後も英語学習を継続することは、留学で得たスキルを維持し、さらに発展させるために非常に重要です。

帰国後は、日常生活で英語を使う機会が減少するため、自ら積極的に学習機会を作り出す必要があります。

例えば、オンライン英会話を定期的に利用する、英語のニュースを読む、英語で映画を視聴するなど、日々のルーティンに英語を組み込むことが効果的です。

また、留学中に築いた友人関係を維持するのも良いでしょう。

英語は、一度留学をしたからと言って完璧に身につくものではありません。

特に言語というのは、使用しない期間が長くなるほどに知識が抜けて、徐々に話せなくなってしまいます。

そのため、せっかく留学で身につけた英語力を維持・向上させるためにも、留学後も継続的に英語学習を続けていきましょう。

また、留学前と後では、英語の実力が大きく変わっていることがほとんどなので、このタイミングで再度英語コーチングを受けるのも効果的です。

現在の自分のレベルに合わせて改めて学習プログラムを組んでもらうことで、さらに英語力を伸ばすことができます。

フィリピンでの留学費用を抑える節約のポイント5選

how-to-save-money-fot-three-months-philippines-ryugaku

ここまでで紹介してきたように、フィリピン留学は英語力向上に効果的な方法ですが、それでもやはり費用がどうしても気になるという方も多いかと思います。

ここでは、留学費用を抑えるための節約のポイントを5つ紹介します。

①留学期間を短くする

②相部屋を選ぶ

③海外旅行保険の費用を抑える

④渡航期間を閑散期にして航空券代を安く抑える

⑤食事付きプログラムを選択する

基本的に学習効果が変わらない方法を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 留学期間を短くする

留学期間を短くすることは、フィリピンでの学習費用を抑える効果的な方法の一つです。

例えば、学習効果を考慮した上で、3ヶ月間の留学が一般的に推奨されることが多いですが、2ヶ月の短期留学+日本での学習で十分な効果が得られます。

リョウタ
リョウタ

ちなみに自分が以前に留学した際は、2ヶ月間のフィリピン留学と日本での事前学習を組み合わせた結果、TOEIC630点から905点へと大幅に英語力を向上させることができました。

短期間でも集中的なプログラムに参加することで、必要なスキルを効率よく学ぶことが可能です。

短期集中型プログラムは、初めての海外留学や限られた時間しか取れない場合に適しており、学習効果と費用のバランスを考えた時に最適な選択肢と言えるでしょう。

さらに、短期間の留学では、長期留学と比べて生活費の総コストを大幅に削減できるメリットもあります。

しかしながら、留学期間を短くしたことで学習成果が十分に得られないと元も子もないので、予算と相談しながらも、最終的には自分の目標に合わせて期間を決めるのがオススメです。

2. 相部屋を選ぶ

個室に比べて相部屋を選ぶことで、全体的な留学費用を抑えることができます。

また、相部屋は他の留学生との交流のチャンスにもなります。

異なる国から来た学生と一緒に過ごすことで、多様な文化を学びながら英語の使用機会も増え、言語習得にも良い影響を与えるでしょう。

ただし、プライバシーの面では制限があるため、自分のライフスタイルやニーズに合った選択をすることが重要です。

また、相部屋の人数によっても金額や過ごしやすさが異なるので、予算と自分の希望を考慮した上で部屋選びをしましょう。

3. 海外旅行保険の費用を抑える

留学中の安全を確保するためには海外旅行保険が必須ですが、保険の費用も節約の対象となり得ます。

保険料を抑える方法として、必要最低限の補償を選ぶことが挙げられます。

また、多くのクレジットカードには海外旅行保険が付帯しているため、既に持っているクレジットカードを利用するのもおすすめです。

ただし、補償内容が留学中のリスクを十分にカバーしているかや、利用付帯もしくは自動付帯なのか等の条件を確認し、必要であれば追加の保険を検討しましょう。

4. 渡航期間を閑散期にして航空券代等を安く抑える

航空券の価格は、旅行のピークシーズンには高騰しますが、オフシーズンには大幅に値下がりすることが多いです。

例えば、フィリピン留学の閑散期である「5~7月、10~1月」に渡航することで、航空券代や授業料などを節約できます。

また、早めに予約をすることで、プロモーション料金を利用するチャンスも増え、さらにコストを下げることが可能です。

ある程度時間に融通が利く方でないと難しいかもしれませんが、クオリティを下げることなく全体的な留学費用を抑える効果的な方法です。

5. 食事付きプログラムを選択する

留学中の食費は予想以上に高くつくことがありますが、食事付きのプログラムを選ぶことで出費を抑えることが可能です。

フィリピン留学にある多くの学校では、追加料金なしで朝食だけでなく、昼食や夕食も提供するプログラムを用意しています。このようなプログラムを選ぶことで、外食や自炊にかかるコストと時間を節約できます。

また、学校内での食事は留学生同士の交流の場となるため、コミュニケーションの機会も増え、英語の習得にも役立ちます。

そのため、食事付きプログラムは、経済的なメリットだけでなく、英語力の観点でもメリットが大きいと言えるでしょう。

まとめ:今この瞬間がフィリピン留学の最安値

summary-philippines-ryugaku-three-months-cost

本記事では、3ヶ月のフィリピン留学費用の相場や留学費用を抑えるポイントについて解説しました。

フィリピン留学は、低コストながらもハイクオリティな教育プログラムで、効率的に英語力を向上させたいという学習者にとって非常におすすめです。

これまで金額がネックで留学を諦めてしまっていたという方は、「今この瞬間がフィリピン留学をする最安値」ということを認識した上でぜひ再検討してみてくださいね。

また、あくまでも留学は英語学習の一手段であり、留学をしたからといって勝手に英語力が伸びるわけではありません。

本記事でも紹介したように、留学前・中・後、それぞれのタイミングで必要な学習をしっかり行うことで、短期間の滞在でも十分な学習成果を得ることが可能です。

留学について不安がある方や効率的な英語学習方法が知りたいという方は、ぜひ一度「Palett」にご相談ください!