Column

コラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 教育問題
  4. 不登校から海外留学はできる?メリットや注意点をプロが徹底解説!
how-to-studying-abroad-from-truancy

不登校から海外留学はできる?メリットや注意点をプロが徹底解説!

 

不登校の子供にとって、海外留学は新たな環境での再スタートを切るための有力な選択肢となり得ます。

異なる文化や教育システムに触れることで、子供の成長と自己肯定感を高める機会となりますが、留学を成功させるためには、いくつかの重要なポイントを押さえておくことが必要です。

 

本記事では、不登校から海外留学が可能な理由や具体的な方法、留学先を選ぶ際のポイント、そしてメリットと注意点について詳しく解説します。

不登校から留学を考えている方やご家族の皆様は、ぜひ参考にしてみてください。

 

不登校からでも海外留学はできる?

can-studying-abroad-from-truancy

結論から言うと、不登校からでも海外留学は十分に可能です。

まずは、不登校の子供やその親御さんにとって、海外留学が現実的な選択肢であることを知っていただければ幸いです。

実際に、多くの不登校生が新しい環境での学びを通じて、素晴らしい成長と変化を遂げています。

 

不登校という状況にある子供が海外留学を考える際、初めての環境での生活や学習に対する不安は当然のことです。

しかし、現地の学校や教育機関は、多様なバックグラウンドを持つ生徒を受け入れ、個々のニーズに応じたサポートを行っています

そのため、海外留学は新たなスタートを切る絶好の機会であり、柔軟な環境下で自分のペースで学び直すことができます。

 

また、Palett(パレット)をはじめ、海外にあるフリースクールやインターナショナルスクールでは、子供たちが安心して学べるようにカウンセリングや学習サポートが充実していることが多いです。

こうした学校では、子供たちが自分自身を見つめ直し、自己肯定感を高める機会が豊富に用意されています。

留学先での新しい友人や教師との出会いは、大きな励みとなり、自信を取り戻すきっかけにもなるでしょう。

 

不登校からの海外留学は、一見難しく感じるかもしれませんが、多くのサポート体制が整っているため、決して心配することはありません。

不安を感じることもあるかと思いますが、一歩踏み出してみることで、新しい可能性が広がるので、ぜひ選択肢の一つとして、真剣に海外留学を検討してみてください。

 

不登校から海外留学するさまざまなパターン

patterns-of-studying-abroad-from-truancy

不登校から海外留学を考える際、さまざまな方法があり、どの方法を選ぶかによって、準備や手続きが異なります。

そのため、子供の状況やニーズに合わせて、最適なパターンを選ぶことが大切です。

 

ここでは、不登校から海外留学するための代表的なパターンを3つ紹介します。

 

  1. 学校に在籍しながらそのまま海外へ留学する
  2. 通信制高校に在籍しながら海外留学する
  3. 学校を中退して海外留学する

 

それぞれの特徴やメリットについて詳しく解説しますので、子供にとって最適な留学方法を選ぶための参考にしてください。

 

学校に在籍しながらそのまま海外へ留学する

不登校の子供が海外留学を選ぶ際、学校に在籍しながらそのまま海外へ留学する方法があります。

これは、現在通っている学校に籍を残したまま休学し、一定期間海外で学ぶという形です。

 

大きなメリットは、日本の学校に戻る選択肢を残しておけることです。

子供が留学先での生活に馴染めなかった場合や、途中で帰国を希望した場合でも、元の学校に戻りやすくなります。

ただし、通信制ではない一般の高校で在籍中に留学すると出席日数が足りない関係で留年する可能性がある点に注意しましょう。

 

このパターンでは、留学先の学校と日本の学校との間で連携が取られることが多く、留学期間中の単位認定や学習進度の調整が行われるため、帰国後もスムーズに学業を続けられます。

また、留学中も日本の学校からのサポートを受けることができ、安心して新しい環境での学びに挑戦することが可能です。

 

さらに、学校に在籍しながらの留学は、短期留学や交換留学といった形で実施されることが多く、子供にとって比較的負担が少ない方法となります。

短期間であっても、異文化に触れ、新しい友人や経験を通じて成長する機会が得られるので、留学先での生活や学びが刺激となり、自信を取り戻すきっかけになるでしょう。

 

学校に在籍しながらそのまま海外へ留学する際には、留学先の選定や手続き、費用の計算など、事前にしっかりと準備を進めることが大切です。

現在通っている学校の休学手続きなどの連携も必要となるので、諸々余裕を持って計画しましょう。

 

通信制高校に在籍しながら海外留学する

通信制高校に通いながら海外留学することも可能で、全日制高校に比べて自由度が高いというメリットがあります。

海外留学コースを設置している学校では、留学前後や現地でのサポートも期待できます。

一般の高校では、在学中の留学によって留年する可能性がありますが、通信制高校ではそのデメリットなく留学可能です

 

通信制高校に在籍しながら海外留学する方法では、子供は通信制高校のカリキュラムをオンラインで履修しながら海外で生活します。

通信制高校の特性を活かし、学習の進め方を自分のペースで調整できるため、留学先での経験と日本の学業を両立させることが可能です。

これにより、子供は海外の文化や生活を体験しながらも、日本の高校の卒業資格を目指して学び続けられます。

留学中に現地の学校や語学学校に通うことも可能で、現地の生徒や留学生との交流を通じて、異文化理解や言語スキルの向上が期待できる点もメリットです。

 

ただし、通信制高校を卒業するには「スクーリング」と呼ばれる登校日に学校に登校することが必要です

スクーリングが全くない通信制高校はありませんが、スクーリング回数が年に数回程度と少ない学校や、短期集中合宿によるスクーリングを行っている通信制高校も存在します。

留学を検討している場合は、スクーリングやサポート体制についても事前に十分考慮しましょう。

 

学校を中退して海外留学する

学校を中退して海外留学するという選択肢は、現在の学校に籍を残さず、新しい環境でゼロからスタートすることを意味します。

帰国子女枠で大学受験が可能になるなどのメリットがありますが、他の方法に比べてリスクが大きい選択でもあるので、十分に検討した上で決断するのが良いでしょう。

 

学校を中退して海外留学することで、子供は自立心や問題解決能力を養うことができます。

新しい環境での生活は、日常のあらゆる面で自主的に行動することを求められるため、子供は自然と自立心を身につけられるでしょう。

また、異文化の中でさまざまな挑戦を経験することで、問題解決能力や柔軟な思考が育まれます。

 

一方で、学校を中退するという決断は、子供と家族にとって大きなストレスとなることがあります。

そのため、留学を検討する際には、家族全員で十分に話し合い、子供の意志や将来の目標をしっかりと確認することが重要です。

さらに、留学後の進路についても考慮し、卒業後の進学や就職の選択肢について情報を集めてみてください。

 

留学先を選ぶときの4つのポイント

key-point-for-choosing-school

不登校の子供が海外留学を決意する際、留学先の選定は非常に重要です。

適切な留学先を選ぶことで、新しい環境での学びと成長を最大限に活かすことができます。

 

ここでは、留学先を選ぶときの4つの重要なポイントについて詳しく解説します。

 

  1. 留学先の国・国民性
  2. 学校の教育システム
  3. 学校のサポート体制
  4. 留学の費用面

 

これらのポイントを押さえて、子供の特性やニーズに合った学校を選びましょう。

 

留学先の国・国民性

留学先を選ぶ際には、その国の特性や国民性を理解することが重要です。

選び方の選択肢の一つとして、英語が公用語かつ物価が安い国を選ぶことで、将来的な国際コミュニケーションスキルの向上や、経済的な負担を軽減することができます

 

例えば、フィリピンは公用語の一つが英語であり、教育現場でも広く使用されています。

そのため、留学することで、日常生活で英語を使用しながら効果的に言語スキルの向上が可能です。

さらに、フィリピンの国民性は非常に親しみやすく、フレンドリーであることも留学生にとって大きなメリットです。

現地の人々が温かく迎えてくれることで、新しい環境に早く馴染むことができます。

文化的なバリアも少なく、交流を通じて多くのことを学ぶ機会が増えるでしょう。

 

このように、留学先の国や国民性を考慮することは、子供が快適に学べる環境を選ぶ上で非常に大切です。また、物価や教育コストを抑えられる国を留学先として選ぶことによって、経済的にも海外留学が実現しやすくなります。

国の特性や公用語、国民性などの要素をしっかりと考慮し、子供にとって最適な留学先を見つけることが、充実した留学体験を得るための鍵となります。

 

学校の教育システム

学校の教育システムは、子供の学習スタイルや目標に大きく影響を与えるため、事前によくリサーチしておくのが良いでしょう。

例えば、国によって教育方針やカリキュラムの内容が異なるため、子供に合ったシステムを見つけることが必要です。

 

アメリカの多くの学校では、問題解決型学習と呼ばれるプロジェクトベースの学習(Project Based Learning)やディスカッションを重視する教育システムが採用されています。

これにより、子供は批判的思考や問題解決能力を養うことができ、実践的なスキルが自然と身につきます。

また、イギリスの教育システムは、アカデミックな厳しさと構造化されたカリキュラムが特徴です。

しっかりとした学問の基礎を築く環境が整っているので、学力向上を目指す子供にとっておすすめです。

 

各国の教育システムの特徴を理解し、子供が最適な学びを得られる学校を選ぶことで、留学の成功に繋がります

 

こちらの記事では、海外のフリースクールについて紹介しているので、海外のフリースクールや教育制度の特徴について知りたい方は、ぜひ併せてご覧ください。

 

関連記事:海外のフリースクールは日本と何が違う?各国の特徴を徹底比較!

 

学校のサポート体制

留学先の学校のサポート体制も確認しておくべき大切な要素の一つです。

特に不登校経験のある子供にとって、柔軟でカスタマイズ性のあるサポートは欠かせません。

サポート体制を確認する際は、学校が子供一人ひとりのニーズに対応し、個別の問題に対して適切な対応ができるかどうかを見極めることが大切です

 

例えば、フィリピンの英語留学では、マンツーマンレッスンを主体とした教育が行われており、子供の学習進度や理解度に合わせた個別指導が受けられます。

教師が生徒のペースに合わせて教えることで、子供は安心して学びを進めることができます。

 

さらに、フィリピンの多くの留学プログラムでは、寮が学校施設内にあるだけではなく、1日3食の提供もあり、子供が安全かつ快適に過ごせる環境が整っているので、保護者の方も安心できるでしょう。

学校施設内の寮に住むことで、通学の負担がなくなり、勉強や友人との交流に集中できます。

また、寮では掃除や洗濯などの家事サービスが提供されているため、家事が苦手な子供でも安心して生活が可能です。

 

このように、学校のサポート体制が充実しているかどうかは、子供の留学体験を大きく左右します。

学校を選ぶ際には、教育システムやカリキュラムに目が行きがちですが、サポート体制も考慮に入れた上で総合的に検討しましょう。

 

留学の費用面

留学を決定する際には、経済的に実現可能かどうか、保護者の方に過度な負担がかからないかを慎重に検討する必要があります。

留学にかかる費用は授業料だけでなく、現地での生活費やその他の関連費用も含めて総合的に考えましょう

 

留学にかかる授業料は国によって大きく異なります。

以下は留学の選択肢として上がりやすい国の1年間あたりの留学費用相場です。

 

  • アメリカ:300〜800万円程度
  • イギリス:300〜800万円程度
  • オーストラリア:300〜600万円程度
  • フィリピン:150万円〜300万円程度

 

このように、国によって学校にかかる費用がかなり異なるので、予算を設定した上で渡航先を決定するのが良いでしょう。

 

また、授業料に加えて現地の物価を考慮することも必要です。

例えば、フィリピンは先進国と比べて物価が低く、食費や交通費、その他の日常生活にかかる費用を抑えられます。

これにより、トータルの生活費を大幅に節約することができ、保護者の方の経済的負担を軽減できます。

 

さらに、寮費やホームステイ費用、教材費、保険料なども含めたトータルコストをしっかりと把握しましょう。

寮が学校施設内にある場合は、安全性が高いだけでなく、通学の必要がないため通学費用がかかりません。

また、寮生活では食事が提供される場合も多く、食費の管理がしやすい点がメリットです。

 

全体的な留学費用を抑えることで、長期間の留学や追加のサポートサービスを利用する余裕が生まれ、子供が安心して学び続けるための環境を整えられます。

関連記事:【最新】3ヶ月のフィリピン留学費用はどのくらい?留学効果を高めるコツや節約方法を解説!

 

不登校から海外留学するメリット

disadvabtage-of-studying-abroad-from-truancy

不登校の子供が海外留学を選ぶことには、さまざまなメリットがあります。

新しい環境での学びや生活は、子供にとって大きな挑戦であり、成長の機会でもあります。

 

不登校から海外留学することの具体的なメリットは以下の4点です。

 

  1. 新たな環境で再スタートが切れる
  2. 言語能力とコミュニケーションスキルの向上
  3. 異なる価値観や文化に触れることで視野が広がる
  4. 自分に自信が持てる

 

ここでは、それぞれのメリットについて詳しく解説し、子供がどのようにして新しい環境で成長できるかを見ていきます。

 

新たな環境で再スタートが切れる

海外留学は、不登校であった過去から解放され、新たな環境で再スタートを切るための素晴らしいチャンスです。

海外では、誰も過去の状況を知らないため、偏見や先入観なく、ゼロから人間関係を構築できます

 

特に海外では、多様な背景を持つ人々が共存しているため、マイノリティに対しても非常に寛容な文化が根付いています。

LGBTQ+などの多様なアイデンティティを持つ人々が受け入れられ、尊重される社会では、子供も自分自身を受け入れやすくなるでしょう。

 

また、異文化の中で新たな人間関係を築くことは、子供のコミュニケーションスキルや社交性を高めることにも繋がります。

異なる価値観や背景を持つ友人と出会うことで、視野が広がり、柔軟な思考が身につけられます。

これにより、子供は自己肯定感を高め、前向きに新しい環境に適応していくことができるでしょう。

 

このように、海外留学は不登校の過去を乗り越え、新しい自分を見つけるための貴重な機会となります。

 

言語能力とコミュニケーションスキルの向上

海外留学の大きなメリットは、なんと言っても言語能力とコミュニケーションスキルが向上する点です。

留学先では、日常生活や学業において現地の言語を使用するため、自然と語学力が鍛えられます。

特に英語圏に留学する場合、英語が日常的に使われる環境での生活を通じて、リスニングやスピーキングのスキルを飛躍的に伸ばすことが可能です

また、留学先で英語力を伸ばすことで、帰国後に資格を取得する、将来的に帰国子女枠で大学受験ができるなどのメリットも享受できることがあります。

 

現地の学校では、授業や課題を通じてアカデミックな言語能力も磨かれます。

プレゼンテーションやディスカッション、エッセイの執筆などを通じて、論理的な表現力や説得力のあるコミュニケーションスキルの向上が可能です。

また、現地の友人や教師との交流を通じて、日常会話の流暢さも磨かれ、より自然なコミュニケーションが取れるようになります。

 

さらに、異文化の中で生活することで、文化的背景や価値観の異なる人々と交流する機会が増え、相手の視点を理解し、尊重する力も養われます。

異文化理解と共感力が高まることで、言語能力と共に国際的なコミュニケーションスキルが向上し、グローバルな視野が身につくでしょう。

海外留学を通じて得たこれらのスキルは、国際社会で活躍するための基盤となり、将来のキャリアや人生においても大きな強みとなります。

 

異なる価値観や文化に触れることで視野が広がる

異文化の中で生活し、現地の人々と交流することで、子供は多様な考え方や生活様式を直接体験します。

この経験は、固定観念にとらわれず、柔軟な思考を育む大きなチャンスです。

 

例えば、食文化や宗教、習慣など、留学を通して日常生活の中で日本とは全く異なる文化に触れることになります。

こうした異文化体験を通じて、子供は自分の文化との違いを認識し、互いに尊重し合う姿勢を学び、異なる意見や価値観に対して寛容な態度を身につけられるでしょう。

 

また、異文化理解は自己理解を深めるきっかけにもなります。

自分とは異なる文化や価値観と向き合うことで、自分自身をより客観的に見つめ直し、成長することができます。

 

さらに、異文化に触れることで、国際的な視野が広がることも期待できるでしょう。

グローバルな課題や問題に対する関心が高まり、国際社会の一員としての意識が芽生えることで、将来のキャリアや人間関係においてもプラスに働きます

 

このように、異なる価値観や文化に触れることは、子供の視野を広げ、柔軟で寛容な思考を育むための貴重な経験となります。

 

自分に自信が持てる

新しい環境で生活し、異なる文化や価値観に触れる過程で壁にぶつかることもありますが、同時にその挑戦を乗り越えることで得られる達成感が大きな自信につながります。

 

留学先では、言語の壁や文化の違い、日常生活の変化など、さまざまな困難に直面します。

これらの困難を克服するために努力し、実際に成功体験を積むことで、子供は自分の能力に対する自信を深めることが可能です。

例えば、現地の友人とコミュニケーションを取れるようになったり、授業で高い評価を得たりすることは、自己肯定感を育む要素となります。

 

また、異文化の中で生活すること自体が、子供にとって大きな成長の機会と言えるでしょう。

新しい環境で適応し、自分自身で問題を解決した経験は、将来のさまざまな挑戦に対しても前向きに取り組む姿勢を培います。

 

海外留学で得られる自信は、学業だけでなく、人生全般においても大きな影響を与えます

自分に自信を持てるようになることで、子供は新しい挑戦を恐れず、自分の目標に向かって積極的に行動するようになるでしょう。

 

不登校から海外留学する際の注意点

important-point-of-studying-abroad-from-truancy

不登校の子供が海外留学をすることは、新たな環境での再スタートを切るための素晴らしい機会となりますが、海外留学にはさまざまな挑戦と注意点が伴います。

 

ここでは、不登校から海外留学を成功させるために、子供・保護者の方が共に知っておくべき3つの注意点について詳しく解説します。

 

  • 海外留学したからといって全てが解決するわけではない
  • 言語の障壁・カルチャーショックがあることを理解する
  • 無理をしない

 

海外留学を成功させるためにも上記3点についてよく理解し、異なる文化や言語環境に適応するための事前準備を進めておきましょう。

 

海外留学したからといって全てが解決するわけではない

海外留学を考える際、多くの不登校の子供たちやその家族は、新しい環境が以前の学校での問題をすべて解消してくれると期待しがちです。

しかし、留学は単に地理的な場所を変えることに過ぎず、個人の内面的な問題や対人関係のスキル、学習に対する態度など、根本的な課題に対して直接的な解決を提供するものではありません

 

留学を通して成長し、ポジティブな成果を得るためには、留学前のしっかりとした準備、そして留学中の積極的な姿勢が必要です。

留学前には、基礎学力の向上、言語能力のブラッシュアップ、精神的な準備などを行いましょう

特に言語の壁は大きな障害となることがあります。

授業や日常生活で使用される言語が十分に理解できない場合、学業の進捗に遅れが出る可能性があります。

必要に応じて、現地のサポート体制や補助学習制度などを利用することも検討しましょう。

 

さらに、留学中には積極的に授業に参加したり、周りの人々とのコミュニケーションを通じて人間関係を広げたりすることも大切です。

 

最終的には、留学が全ての問題を解決するわけではないことを理解し、現実的な期待を持つことが重要です。

お子さん自身は、「留学によって自分を変えたい」という目標のもと積極に行動すること、そして保護者はお子さんを最大限サポートしましょう

 

言語の障壁・カルチャーショックがあることを理解する

留学先での主要言語が母国語と異なる場合、最初のうちはコミュニケーションがスムーズに行かないことがあります。

具体的には、日常会話や授業の理解、地元の人との交流で不便さやストレスを感じるでしょう。

したがって、留学前に基本的な言語スキルを身につけること、そして現地に到着後も言語学習を続けることが重要です

 

カルチャーショックは、新しい文化環境に対する心理的なストレス反応であり、文化の違いから生じる誤解などによって引き起こされます。

例えば、挨拶の仕方、食文化の違い、人間関係の距離感覚など、日常生活の小さな違いがストレスの源となることがあります。

これに対処するためには、留学前にその国の文化や慣習を学び、心構えをしておくことが大切です。

言語だけでなく、留学先の国についても理解を深めることで、言語の障壁・カルチャーショックの両方に対応できます。

また、これらの課題に対して積極的に取り組むことで、異文化理解が深まり、より豊かな国際的な視野を持てるようになります。

 

無理をしない

海外留学は不登校の子供にとって新しいチャンスであり、多くのことを学び成長する機会となりますが、無理をしないことが非常に重要です。

留学先での生活は、言語や文化の違いに直面するため、時には大きなストレスやプレッシャーを感じることがあります。

そのため、留学をやり遂げる強い意志を持つことは大切ですが、無理をしすぎてしまうと心身の健康に悪影響を及ぼす可能性があります

 

どうしても耐えられない状況や深刻な問題に直面した場合は、一人で抱え込まずに家族や信頼できる人に相談できるような体制をあらかじめ整えておきましょう。

留学先のサポートスタッフと連携し、適切な対応策を検討することで、子供の負担を軽減することが可能です。

また、最悪のケースでは帰国を検討することも選択肢の一つです。

帰国を決断することは決して失敗ではありません。

子供の健康と幸福を最優先に考えた上で最適な判断を下しましょう。

 

留学中に子供が無理をしないためには、定期的にお子さんの心理状態をチェックしつつも、親がプレッシャーをかけずに、無理なく進めるように心掛けることが大切です。

必要に応じて休息を促したり、現地のサポートを活用したりすることで、ストレスを軽減し、より良い留学生活を送ることができるでしょう。

 

不登校留学にピッタリ!Palett(パレット)について

whats_palett

不登校の子供、そしてご家族にとっても新しい環境での学びは大きな挑戦です。

そのような中で、フィリピン留学×英語コーチングプログラム「Palett」(パレット)は、不登校留学に最適なサポートを提供します。

 

Palettは、これまで英語学習に挫折してきた方や、英語を身につけたいものの一歩踏み出せない子供たちを対象としたプログラムです。

TOEIC200点、VERSANT6点などのスコアアップを保証し、達成されなかった場合には英語コーチングを1か月無料延長するなど、子供たちが安心して学習に取り組める環境を整えています。

 

ここでは、Palettの3つの特徴について詳しく解説します。

 

  • 学習の挫折を防ぐ「英語コーチング×フィリピン留学」
  • 完全マンツーマンレッスンも対応可能な学習スタイル
  • メンタルケアに精通した日本人スタッフによるサポート

 

Palettは、英語学習に対する不安や留学への悩みを解消するため、無料カウンセリングを実施しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

学習の挫折を防ぐ「英語コーチング×フィリピン留学」

palett-information

不登校の子供たちが海外留学に挑戦する際、日本にいる段階で英語学習を習慣化しておくことで、実際に留学した後も学習を継続し、自信を持って英語を話せるようになります

Palettは、留学の効果を高めるために開発された、「個別指導の英語コーチング」と「マンツーマンレッスン主体のフィリピン留学」を組み合わせたまったく新しいスタイルのサービスです。

 

Palettでは、留学前に日本人のコンサルタントによる英語コーチングが行われ、子供たちが自立して学習を進められるようにサポートします。

学習の習慣化を目指し、個々のペースに合わせた指導を行うことで、学びに対する抵抗感を減らし、少しずつ自信を持たせていきます

 

フィリピン留学では、マンツーマンレッスンを主体とし、生徒一人ひとりの進捗に合わせた英語レッスンが受けられます。

不登校経験がある子供たちは、集団学習に対して不安を抱えることが多いですが、個別指導により、自分のペースで学ぶことが可能です。

また、フィリピンは物価が比較的低いため、大きな経済的負担を感じることなく留学できます。

 

このように、Palettでは、学習の挫折を防ぐ仕組みと個別対応の留学プログラムを組み合わせることで、子供たちが安心して新しい環境で学べるようサポートしています。

 

完全マンツーマンレッスンも対応可能な学習スタイル

palett_media-image-background

Palettの英語コーチングプログラムは、完全マンツーマンで提供されるため、子供一人ひとりのニーズに合わせた個別指導が可能です

学習の進度や理解度に応じた柔軟なサポートによって、学習効果を最大限まで引き上げます。

 

また、フィリピン留学中の英語レッスンは基本的にマンツーマン主体で行われますが、少人数制のグループレッスンも取り入れられているため、コミュニケーションスキルの向上にも役立ちます。

ただし、生徒の希望に応じて、すべてのレッスンをマンツーマンに変更することも可能です。

 

また、1日の授業時間は通常6〜8コマですが、希望に応じて4コマ程度に減らしても問題ありません。

子供の体調やメンタル状態に合わせて授業時間を柔軟に調整できるため、学習負担を軽減し、子供が無理なく学び続けられるカリキュラムが設定できます。

 

メンタルケアにも精通した日本人スタッフによるサポート

palett-member

Palettは、不登校の子供たちが安心して留学生活を送れるよう、メンタルケアに精通した日本人の英語コンサルタントと留学カウンセラーが誠心誠意サポートいたします。

 

英語コンサルタントと留学カウンセラーの両方が、メンタル心理ケア関連の資格や専門知識を持ち、不登校の子供たちに寄り添って支援できる体制を整えています。

留学中も、日本人スタッフが定期的にコミュニケーションを取り、子供たちの状況を把握しながら引き続きサポートするので心配無用です。

 

留学カウンセラーは、留学先での生活や学習に関する悩みや不安を解消するため、細やかな対応を行っています。

例えば、寮の部屋を一人部屋に変更したい、先生を変えたい、授業のコマ数を調整したい、といった急な変更リクエストにも柔軟に対応します。

 

異国の地での生活は、多くの挑戦とストレスを伴いますが、信頼できる日本人スタッフの存在が、子供たちに安心感を与えるのでご安心ください。

 

Palettでは、ご受講開始前に日本人スタッフが無料のカウンセリングを行っています。

英語コーチングやフィリピン留学について詳しく知りたいという方や、留学プランについて相談したいという方は、ぜひ一度オンラインでの無料カウンセリングを受けてみてください。

 

不登校から留学した後の進路はどうなる?

after-studying-abroad-from-truancy

不登校から留学した子供たちの進路には、以下のような選択肢があります。

 

  • 海外の大学への進学
  • 現地または国内にある外資系企業での就職
  • 帰国して日本の大学に進学する(帰国子女特別入試枠が利用可能な場合がある)

 

留学先で得た経験やスキル、そして語学力は、進学や就職において大きなアドバンテージとなります。

特に、日本の大学に進学する場合、通常の入試形式とは異なる帰国子女特別入試枠で試験が受けられる可能性があるので、積極的に活用するのがおすすめです。

 

Palettでは、TOEIC点数保証コースを受講した生徒に対し、受験や就職等の進路相談を行っています。

将来の進路を共に考え、生徒一人ひとりの目標に合わせたアドバイスやサポートを提供し、最適な道を見つける手助けをします。

 

また、TOEICのスコアは履歴書にも記載できるため、今後の受験や就職活動において非常に有利です。

特に、グローバル企業や英語を使用する職場では、TOEICスコアが採用の重要な基準となることが多いため、高得点を取得することで選択肢が広がります

 

加えて、TOEICのハイスコアを取得することは、生徒にとって一種の成功体験となります。

目標を達成することで自己肯定感が高まり、今後さまざまなことに対して自信を持って挑むことができるでしょう。

通常短期間での数百点アップは独学では難しいですが、Palettでは英語コンサルタントがコーチングを行うことで学習に挫折しないようサポートし、成果保証(点数保証)も行っています。

TOEIC200点アップが達成できなかった場合は、無料でコンサルティング期間を1ヶ月延長できるので、スコア達成のプレッシャーを感じることなく学習に集中いただけます。

 

このように、Palettは不登校から留学した生徒たちが将来の進路を見つけ、自信を持って前進できるよう、包括的なサポートを行っている画期的な「フィリピン留学×英語コンサルティングサービス」です。

 

留学前のカウンセリングの時点で、将来の進路についてお話しすることも可能なので、まずはお気軽にご相談ください。

 

まとめ:不登校留学なら「Palett」にお任せください。

studying-abroad-from-truancy-wiith-palett

本記事では、不登校から海外留学をするさまざまなパターン、メリットや注意点、そしてフィリピン留学×英語コーチングサービス「Palett」について解説しました。

 

不登校から海外留学することは、新たな環境での再スタートを切るための素晴らしい機会となります。

留学先で言語能力やコミュニケーションスキルを向上させ、異なる文化や価値観に触れることで視野を広げ、自分に自信を持ってさらに成長するための貴重な経験となるでしょう。

 

しかし、留学先の選定や留学先の国に適応するための学習などの諸々の準備が欠かせません。

Palettでは、留学や語学学校についての知識が豊富な留学カウンセラーが、お子様一人一人に合わせた最適な留学プランをご提案。

また、留学前には学習の挫折を防ぎ、メンタルケアを含めた総合的なサポートにより、留学先で安心して生活できるよう後押しします。

不登校から海外留学を経て、新たな進路を見つけるために、留学カウンセラー・英語コンサルタントがしっかり伴走いたします。

 

palett